はじめに

インターネットが普及して個人でも情報発信が
できるようになりました。
自分の自由な発想で企画を作って、YouTube などに
動画を投稿すれば一躍人気者も夢ではありません。
YouTuber の数は年々増え始めて小学生のなりたいランキング
ベスト10に入るほどの人気になっています。
しかしただ動画をアップしても収益を見込めるとは限りません。
やはり人気者になるためには、色々な工夫が必要なのです。
そこで目標にしたいのはインフルエンサーになることです。
インフルエンサーのメリットについて紹介します。

インフルエンサーとは

インフルエンサーとは、ブームの先駆者で第一任者の
ことをいいます。常に時代は、若者を引っ張るインフルエンサーを
求めており、以前は限られた人しかインフルエンサーになりませんでしたが
現在では一般の人もインフルエンサーを目指すことができます。
インフルエンサーの種類は様々です。例えばメイクのインフルエンサー
ファッション、行き方、 キャラクターなど多くの一般人が
インフルエンサーになってムーブメントを起こしています。

インフルエンサーになると活動の幅が広がる

なぜインフルエンサーを目指さなければならないのか。
それはインフルエンサーになれば活動の幅が広がるからです。
例えばユーチューバーになってインフルエンサーとして人気が出れば
ユーチューバーの収益だけではなく色々な仕事が舞い込んできます。
メイク関連であれば、化粧品の企業が自分の商品を紹介して欲しいと
依頼が来たり、芸能事務所にスカウトされたり、イベントなどと呼ばれたり
インフルエンサーになることでその幅は非常に広がるはずです。

インフルエンサーのデメリットは

インフルエンサーになれば一躍人気者になります。
そして仕事の幅も広がり楽しい時間を過ごすことができるでしょう。
しかしインフルエンサーになることでデメリットもあります。
例えばインフルエンサーになるためには自撮りになることが多いのですが
自宅がバレてしまったり、ファンの方から追っかけられることもあります。
人気者になればなるほど自分のプライベートが削られてしまうのです。
仕事の依頼をこなす一方で、動画も定期的に投稿しなければならないので
精神的に厳しい状態になることもあります。

まとめ

インフルエンサーを夢見て頑張っている方々は大勢いらっしゃると思います。
普通の一般人がある日突然インフルエンサーになることで、
人気者になれるチャンスがある一方、やはりそこにはデメリットも存在することも
知っておく必要があるでしょう。